パソコンを長時間使う人のための目に優しいディスプレイ設定方法や気をつけたいこと

digital-eyestrain

最近ではオフィスや学校、家でも長時間パソコンを使う機会が増えています。
それによって目をはじめとする全身の痛みや疲れ、が現れる人が増えています。

パソコンの仕事をしている方は

  • 目を疲れにくくするにはどうしたらいいのか
  • 眼精疲労をスッキリ解消する方法ってないのかな
  • 視力を低下させないためにはどうすれば

などの情報を探しているのではと思います。

これ、実際に同じ悩みを抱えている方は多いと思います。私も常に抱えていますし、友人・同僚の多くも同じことを言っていますので。

実はパソコンを中心とした作業をしだしてから、急に視力が大幅に低下した人はとても多いのです。パソコン作業の裏には、常に視力低下の不安が潜んでいると言えるでしょう。

また、パソコンのやりすぎで眼精疲労、目の疲れが酷くなってしまい、慢性的な肩こりや頭痛、吐気に悩まされている方もまた多いのです。

パソコンで目が疲れる原因は

スクリーンショット(2012-01-26-9.58.28)

パソコンの画像は高速で光が点滅しているため、目が疲労します。

目の奥が重い、光がまぶしい、肩や首がこるという兆候が出てきたら危険の合図です。
目を守るための環境を整えましょう。

パソコン自体に工夫をすると、目の負担が軽減

目に優しいディスプレイの設定

ブルーライトの設定

20836c722fa5603ff1d663fdf069b8be

ブルーライトは目に良くないという話は有名です。

ディスプレイから発せられるブルーライトは散乱しやすい性質を持っています。
これが眩しさやチラつきなどの原因になり、その分、脳はピント合わせに苦労します。
また、ブルーライトは他の光よりもエネルギーが強いため、瞳孔を縮めようとして目の筋肉も酷使され、眼の疲れや肩・首の凝りなどに影響します。

参考:ブルーライト協会

目に有害なブルーライトをカットするにはブルーライトをカット用の眼鏡をかけたり、パソコンを適切に設定することでできます。

→Windowsのブルーライトカットの設定方法

→Macのブルーライトカットの設定方法

アプリも効果アリ

ブルーライトを自動でカットしてくれるアプリがあります。

flux-icon-sm

f.lux

やや画面がうす暗くなりますが使ってみると目の疲れが軽減できた気がしてます。
アプリのON、OFFも簡単にできて使い勝手も良く無料なのでオススメです。

調べてみるとスマホ用のブルーライトカット用のアプリもありました。
興味のある方は検索してみてください!

明るさやカラー、フォントサイズの設定

eye

パソコンの明るさは暗すぎても明るすぎてもダメです。

文字フォントが小さすぎると、よく見ないといけなくなるために目が疲れやすくなります。
ちょうど良い大きさにフォントサイズを設定してみましょう。

やや明るい場所で作業を行う

tertial-work-lamp-silver-color
部屋の光を明るくする、スタンドの照明を使う等して作業する場所を明るくしましょう
明るさの単位で300〜500ルクスが一番良い明るさと言われています。

 明 る さ の 目 安 (ルクス)
・晴天日入1時間前太陽光
・パチンコ店内
・百貨店売場
・蛍光灯照明事務所
・日出入時
・30W蛍光灯2灯使用八畳間
・夜のアーケード
1,000
1,000
500~700
400~500
300
300
150~200

参考:照度と明るさの目安

300〜500ルクスは日の出や日没の外の明るさくらいと言われています。

背骨がまっすぐ伸びる姿勢

007

実は姿勢と目は深く関わっています。

姿勢が悪くなると視力の低下を招きやすくなります。
筆者も普段、猫背の姿勢でパソコンの作業をしており1.1あった視力があっという間に0.2まで低下してしまいました。

なぜ、目に負担がかかるのかというと原因が2つあります。

1,姿勢が悪くなることで距離が近くなる

パソコンからの距離は40センチ以上80以内が良いと言われています。
しかし、姿勢が悪くなることでパソコンからの距離が40cm以内になってしまいます。
これによって目の毛様体筋がより一層緊張する状態になり、負担がかかります。

40センチ以上離れることを意識しましょう。

2,余計な筋肉の緊張を起こしやすくなる

姿勢が悪いと余計なところの筋肉が緊張して、肩こりや頭痛をおこします。
これを長期間続けていると目の疲労や眼精疲労の原因になります。

背骨を伸ばし、キーボードに手を置いたときに、肘が90度になるのが正しい姿勢です。

これを心がけることで腕や肩が緊張しないようになります。

 

自分では気づきにくいですがパソコンに向かっているときは自分が思っている以上に猫背になりがちです。
背骨をまっすぐにすることを心がけましょう。

視線が少し下向きになるようにディスプレイの位置を調整する

Right-Sitting-Position-in-front-of-Computer

ディスプレイの一番上が目の位置と同じ、もしくは低くなるようにする。
目の位置とモニターの角度が35度以上にならないようにする。

続けてする作業時間は1時間以内。間に10分〜15分のお休みをとる

08d0491ecc121ce1e74992da3279293a_s

こまめに目を休ませましょう。

特に仕事をしている人は疲れ目になって初めて休憩をとるという方が多いですが目の疲れが出ていなくても目を休ませることが大事です。

どうしても抜けられない、集中して取り組みたい方も1時間に一度は息抜きにストレッチや散歩をしてみるのも良いです。

時間によってコンタクトと眼鏡を使い分ける

glasses_img02

眼鏡とコンタクトの使い分けも効果的です。

コンタクトレンズは便利なので長時間使う人が多いです。午前のパソコン仕事は眼鏡でこなし午後からはコンタクトを使うという具合に使い分けましょう。

目の疲れをとるサプリメントの人気ランキング

スポンサーリンク

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ