スマホの使い過ぎ、見過ぎによる目の疲れを軽減するには

6c5e92fc14672d907f473aa2041745ba_s

スマホは目が疲れる

7id9xq1q6mos3zf

いまや多くの方が持っているスマートフォン。
もはや手放せない存在となっている方も多いのではないでしょうか。パソコン仕事をしている私ももちろん例外ではなく、様々な場面で役立ってくれています。

また、スマホとパソコンで色々なデータを同期しているため、もはやなくてはならない必需品となっています。

スマホの使い過ぎは

photolibrary_rf_photo_of_man_wiping_brow

ただ、スマホをずっと見続けていると、かなり疲れるんですよね。この疲れはパソコン以上と感じるほどで、首まで痛くなることもちょくちょくあります。普段のパソコン仕事で疲れ気味の私の目に、さらにスマホによって疲労を与えられているというこの状況、正直言ってたまったものではありません。

おそらく、スマホのやりすぎで視力を落としてしまう方もいることでしょう。それくらい、スマートフォンは目に負担をかけていると思われます。

スマホを操作する時の工夫で目の負担が軽減

スマホ(iPhone、android)、そしてiPadなどのタブレットを操作する時に、少しでも目の疲れを軽減するための方法として以下のことが挙げられます。

121003_eyes_03-thumb-500x264

  • ディスプレイは立った状態での目の高さより少し下げる。
  • モニターから目線をはずす。目を遠ざける
  • 座って操作している場合は脱力する
  • スクリーンの解像度、明るさ、コントラストも目が疲れないようなちょうど良い大きさに調節する。

ちなみに私も試してみましたが、最初こそ意識してやれたのですが、長くスマホを見ていると忘れてしまいます…
ちゃんと意識して癖になるまでやらないと駄目みたいですね。

目が痛いけどどうしてもスマホを使用しないといけないときは夜モードを試そう

121105_screencolor-thumb-640x360-47062

「夜モード」はスクリーンの色を反転する設定です。
慣れないうちは違和感がありますが、この方法で目が疲れにくくなります。

→夜モードはこちらで詳しい設定方法が見れます。

目の疲れをとるサプリメントの人気ランキング

スポンサーリンク

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ